スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然ですが、ブログをFC2に引越しします。

気がつけばブログスタートして、早半年。

ビジネス利用でスタンダードのアメブロで試しにブログ書いてましたが、いろいろ不便。

まず、バックアップ(エクスポート)機能が無い。
思い通りにカスタマイズできない。

有料ツールをどちらかというとバックアップのためにつかってたんだけど、毎月課金されるのもな~~と思って、夏至を前に、思い切ってFC2に引越しすることにしました。

(こちらの記事が消えることはありません)

FB自動UP機能はないので連動しなくなりますが、まあしゃ~ないか。
しばらく模索が又、続くでしょう・・

ビジネス利用OKなので、ちょろっと販売もするかもしれません。

(実は先週からアマゾンで要らない本を売り始めたのですが、結構売れるのでビックリ。
ぜんばやしコレクションの出品者名で出してますので、こちらも是非)

FC2のタイトルも同じく、「帽子屋ぜんばやしの贅沢な自給自足的生活」です。

これからはFC2ブログで更新して行く予定です。宜しく~~

新ブログのアドレスは/http://zembayashi.blog.fc2.comになりますので、お気に入り登録している方はマークの変更をお願いしますね~~


キッチンタイマー使用の薦め

個展前ゆえ、猫の手も借りたいほど忙しい。
猫の手ならぬ、娘の手も借りているほどだ(何故かDMの封書詰め、魅力的らしいので手伝ってくれる・涙)。

で、前から書こう書こうと思いつつ書き忘れていたタイマーの話。

忙しい人ほどタイマーは持つべし、とは前出の料理人・辰巳芳子先生も言っておられるが確かにそう。
そして煮物をマスターすべしと書いておられたが、今は良い圧力鍋や多重鍋があるので、煮始めにタイマーセットして鳴ったら止める。で料理はOKである。

お母さん方に人気の重ね煮はいいですね。
あれはマクロビの考え方がベースだと思うけど、食べ物の陰陽を考えて鍋に入れるといいらしい。

一番下が一番「陰」のもの、上に行くほど「陽」のものです。
具体的には、茸類→海草→果菜(ナス・トマトなど夏野菜)→葉菜(菜っ葉類)→芋類→根菜(にんじん・ごぼう)→穀物(米・麦など)→魚・肉 の順。

あとは塩振ってちょっと水(無水鍋や圧力鍋なら不要)入れて煮るだけだ。簡単よ~~
煮てる間に違うことが出来るし。

タイマーは以前使っていたのを落として壊したので、買いなおした。
どうもデジタルは苦手なんだよね・・洗濯機のアラームも無しにしたいくらい。

で、今回もゼンマイ式に。
底がマグネットなんで、冷蔵庫にくっつけてます。
上の枠を右に回してセット。
音が「チン」て感じで、好きなんです。
時間はアバウトだけど、問題ない。

これ、実はDM撮影に必須と思って、買ったんですわ。

30分や60分単位でセットして物事を区切ってやっていくと、忙しい時には仕事がはかどります。

今回スタジオ使用で1時間いくら、の設定の中で写真撮影だったのでタイマー大活躍。
思ったよりスムーズに撮れたので、宮下氏に予定外でしたがコサージュも撮ってもらいました~~
コ・モノウェブのトップ記載はその写真)~~ありがたや。

つくづく皆様に支えられております。

DRETEC ダイヤルタイマー ホワイト T-315WT

新品価格
¥700から
(2014/3/30 06:22時点)


少し片付けや整理に関して考えてみた

断捨離ブームもひと段落か?
ちょっと前はウェブに繋げば広告があちこちに出ていて、ちょっとビックリするくらいでしたね。
今ネットビジネスの勉強してるから、あれ結構コストかかってるのが分かる。
勿論資金回収できる見込み計画たててからやってるんだろうから、凄い事だ・・

今、物の整理がつかなくて困っている人が多いんだろう。

まあ捨てちゃえばすっきり、ではあるだろう。

本来なら身一つで仏門へ、なんてのは究極のような気もする。
そこまでやる人は、なかなか居ないだろうけど。

図書館で断捨離本あったのでちょっと手にして見てみたが、借りる気がしなくて又戻したことがある(笑)。
なんでだろ。

人生は無駄があってこそ!と心の奥底で思っているからかもしれない。

実は私、結構片付け上手です。

この狭い空間によくぞこれだけの物を置いていたなと関心するぐらい。
東京で修理屋をやってた時は扱い分野が広かった。
私自身の帽子制作関連の他、鞄、靴修理につかう道具・・・三業種分の道具材料をよく持てたものだ。

片付けのポイントって、物買うときにあるような気がする。
親が押し付けてくるものとかは困るんだけど(笑)。
いらんな・・というものは、新しいうちに誰かにあげる又はリサイクルに出すといった手段で家に入れないのがポイントではないかと思う。

あとは物の基本の置き場を最初に決めること。
パソコンの中をフォルダ分けするみたいに、同じフォーマットで振り分けするのが分かりやすい。

以前何かで読んで参考になったんだけど、一つだけ「何でもBox」的な場所を作り、どうしても時間が無いときはそこにほうりこんでおく。
そこが溢れかえりそうになったら整理する(いるものだけチョイスして固定場所に入れ、残りは廃棄)。

というやりかたを実行していたら、まあとんでもないことにはあまりならないような気がしている。

それと子供が散らかすのに関しては、床に何かがずっと散乱していない空間が本来であると思わせるしかないと思う。最初が肝心!と1歳くらいの半年間はやっきになって片付けておりました。

そして、「片付けないと食事はスタートできない」という法律を制定(我が家は私が法律なので)。

今では娘も何か食べる前は自分でそれなりに片付けるようになったのでした・・



デジタル時代に押さえておきたいコミュニケーションの原則とは?(「人を動かす2」D・カーネギー)

ネットビジネスを学ぶに当たり、先ず最初に是非読んでくれと紹介されていた本「人を動かす」。
有名なデール・カーネギーの本である。
とにかく今処理案件が多いので、デジタル時代の人間関係の原則と副題がついたバージョン2の方を先に読んでみた。

そこで先ず気がついたこと。
今はとにかく「アッという間」に何でも拡散してしまうので、とにかく物言いには気をつけたほうが良い。ということ。

誰かを非難したりするのにネットを使うと、あまり好ましい結果は生まないようだ。
ソーシャルマディアネットワークと言われるFacebookやTwitterは便利だが、問題がある言動によって文字通り身を滅ぼした人が沢山居るのだ・・
未だアメリカだけの話かもしれないが、若者を中心に広がりつつある昨今、日本でも同じことがおきる可能性は大いにある。

文は人なり。とは昔から言われたことでもあるが、ネット上でも文章をある程度読めば、その人がどのような人かというのはやはり、何となく感じられる。
日本人には「その場の雰囲気で伝える」という文化(?)があるが、デジタル上ではそれは活用しづらいので、文章で自分を表現するスキルがこれからは必要になってくると思う。

そして多くの人と繫がることが可能になった今、色々なスキルを組み合わせて今までにないものを作り出すことが出来る土台がやっと整ったとは考えられないであろうか。
実際に何かを行うにあたり、その人とリアルの場で会わないで物事を進めるという可能性もこれからは大きくなってくる。

「人を動かす2」の本の中には、先ず押さえておきたいコミュニケーション上の原則が語られている。
「人を変える八原則」の中では、

1・まずほめる
2・自分の過ちを話す
3・過ちは穏やかにたしなめる
4・命令せず、質問する
5・恥をかかせない
6・ほめて伸ばす
7・名声にこたえさせる
8・共通の立場でつながる

とある。ほめて伸ばす、の項では実際に自動車事故後にちえおくれと判断され、酷い学習障害を負っていた少年が人生を一変させた実例があって、人と人との関わりでこれほどまでに人間と言うのは変われるのか、と思わされた。

今、他人とのコミュニケーションで悩んでいる人には是非読んでいただきたい本である。
勿論、子育てで悩む親や沢山の人とプロジェクトを行わなければいけないビジネスパーソンにも。
本当に良書である。

人を動かす2:デジタル時代の人間関係の原則

新品価格
¥1,575から
(2014/2/11 08:10時点)











ネットビジネス概略把握に最適の本(和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科)

2014年スタートと共に本格的にインターネットビジネスに関して勉強を始めたのだが、これが中々面白い。ここ数年興味本位にお金に関する本やビジネス書をバラバラと読んでいたが、ココへ来てやっと分かりやすく自分の中で整理されてきたように思う。

これからあらゆるビジネスをする人にとって、「インターネットビジネスのスキル」というのは必須の物になると思う。

社会の二層化が言われ始めて久しいが、「自分で選んで納得したものだけを使いたい」というボリュームの人にアプローチして商売をしようと思っている人に関しては、特にである。今はマイノリティであるこの人たちが、若い世代を中心に逆にマスになる可能性も勿論ある。

只でさえビジネスや育児に毎日が忙しい30~50歳代の人がネットビジネスに関して概略を勉強するには、簡潔にまとめられた「和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科」がいいのではないかと思う。

内容のボリュームに対して(元々参加費5万円のセミナーの収録)、1万円の値段は破格値。発売から数年経っているのに売れ続けているというのも納得である。

実は、この教材の紹介をブログに書くかどうかを2週間ほど前からずっと悩んでいた。

正直に言うと和佐大輔さんは面白くなりそうで注目しているが、木坂先生は私、あまり評価していない(注・ネットビジネス大百科の内容は素晴らしいです)。
和佐さんのメルマガに登録しているが、補足で届いた木坂先生執筆の用語集にのけぞったんだよね・・かなり悪趣味。言葉というのは自分自身に言っているのと同じなので、いつかきっと返ってくるよ。大丈夫か・・

木坂先生は大分稼いでいらっしゃるみたいで、まあ凄いとは思うんだけど、だからどうだという気もする。若いとき尋常じゃなく稼いで女と博打に全部使い果たした男と十数年一緒に暮らしていたので、そう思うのかもしれない。
せっかく大枚稼いだなら、池波正太郎みたいに粋に使いたいものだ。

音声教材っていうのは便利なことを使ってみて発見。
作業しながら聞けるので、ミシンかけたり家事したりしながら利用してる。
iPodなどにダウンロードして移動しながら利用するのもよさそうだ。

和佐さんはそろそろTVとかに出てきたりしてるみたいなので、近いうちに時の人になることでしょう。
ネットビジネスコンサルタントとして至上最年少、というのもインパクトがある。
彼の語りやレターは熟考の末というのがよく分かるクオリティの物なので、素晴らしい。

彼のメルマガに登録して受け取れる何本かの無料のレポート(ビデオ形式)は凄いです。
コレは本当にオススメ。

【無料プレゼント】17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密

無料プレゼント配信はいつ中止になるか分からないので、今のうちにどうそ。
プロフィール

ぜんばやし

Author:ぜんばやし
訪問有難うございます!
京都で帽子・革製品を作っている個人作家です。

9/5~毎週火曜10:30-12:00
「洋裁教室コモノ」スタート!

不器用な方も安心して通える洋裁教室を、千本今出川徒歩3分の場所にて行っております

   詳細はコチラ
_______________________

帽子・革小物作家、野口整体関連、京都ネタ発信等々
あまりにも多岐にわたる
ぜんばやしの仕事の全貌の
まとめサイト、作成。
プロフィール紹介代わりです。

帽子屋ぜんばやしウェブサイト
_______________________

5年前の妊娠・出産を期に野口整体の勉強を始め、日々の体調不良も解消し、人生が大きく変わりました。
学びを深くするために、
2014/4/29から
無料メルマガ
ぜんばやしの野口整体レポート
を配信してます


メルマガ登録して読むだけで、健康の知恵が学べます!
記事内では自分で出来る手当て法や野口整体の解説をしてます
(整体師・河野智聖先生監修)
新月・上弦・満月・下弦に配信

          
 メルマガ登録はこちらから
_______________________

野口整体初心者向けサンプル自分で出来る整体メゾット~無料で使える読む薬をブログ記述してます。
日々の手当て法の字引代わりにお役立てください
_______________________

2011.3.11後に意識が変った人達のコミュニティサイトを立ち上げるべく、奮闘中!
アメーバブログ「自分で出来る整体コミュニティの作り方」にて現在進行形にて報告してます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。