スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳神経外科医が書いた、臨死体験のベストセラー本「プルーフ・オブ・ヘブン」

アメリカ現役の名門ハーバード・メディカル・スクール脳神経外科医エベン・アレグザンンダー氏が書いた、話題沸騰の本。

やっと読了。そうです、どんなに忙しくても私、本は読むのですよ。

死後の世界に懐疑的だったのアレグザンダー准教授本人が突然細菌性髄膜炎を発症し、7日間昏睡状態だった際に「みてきた」世界を記述した本である。

まず、この本よくぞ出版したな~~と本当に思う。これは所謂「臨死体験」の本。

かの有名なキューブラー・ロス(教科書的に扱われる「死とその過程について」を書いた人です)でさえ、臨死体験の本を出したとたんにもの凄いバッシングを受け、職を追われたのを彼は知っていたであろう。死後の世界の情報を伝えることに使命感を持っておられるのを読んでいる私も感じましたよ。

輪廻転生に違和感を持たない人なら、普通に読める本であると思う。

面白いのは、科学者が信じている「意識というものは脳が生み出している」という説は間違っている、ということをアレグザンダー氏本人が臨死体験で気がつき、それを証明してしまったという点であろう。

著作中に科学者らしい証明の記述があるが、妄想や幻覚である臨死体験というのは、新皮質の部位が完全に機能不全に陥っている状態では「起こりえない」のだそうだ。
脳が働いていないこの状態であまりにもクリアな体験をしていた・・ということは先に「意識」というものがあって、人体という入れ物に入って活動しているということになるのだ。

私は魂が人体の入れ物に入っている状態が「現世」だと思っているので、何の違和感も無いけど。
何でも物質還元主義で「死んだらお終い」と思っている人は、受け入れがたいことであろう・・。

この本を読んでよかったのは、多次元世界が平行して存在するという話が分かりやすく書いてあったこと。
全ては「今ココ」にある。
ラジオのチューニングのように周波数を合わせ、それを感知できるかどうか。
要するに受容する自分の問題であるということである。

一遍死にそうにならなくても、正しく瞑想すればちゃんと感知できるというのも何となくわかるな~~ 
創作活動が止められないのは、上手くいけば瞑想に近い状態になることである。
めったにないのが残念だけど、「ちゃんと繫がった」という状態は至福のひとときなのですよ。絵を描いている人にはピンとくる話だと思う。

というわけで、非常にためになった本でした。オススメ。

プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界

新品価格
¥1,836から
(2014/4/4 06:40時点)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぜんばやし

Author:ぜんばやし
訪問有難うございます!
京都で帽子・革製品を作っている個人作家です。

9/5~毎週火曜10:30-12:00
「洋裁教室コモノ」スタート!

不器用な方も安心して通える洋裁教室を、千本今出川徒歩3分の場所にて行っております

   詳細はコチラ
_______________________

帽子・革小物作家、野口整体関連、京都ネタ発信等々
あまりにも多岐にわたる
ぜんばやしの仕事の全貌の
まとめサイト、作成。
プロフィール紹介代わりです。

帽子屋ぜんばやしウェブサイト
_______________________

5年前の妊娠・出産を期に野口整体の勉強を始め、日々の体調不良も解消し、人生が大きく変わりました。
学びを深くするために、
2014/4/29から
無料メルマガ
ぜんばやしの野口整体レポート
を配信してます


メルマガ登録して読むだけで、健康の知恵が学べます!
記事内では自分で出来る手当て法や野口整体の解説をしてます
(整体師・河野智聖先生監修)
新月・上弦・満月・下弦に配信

          
 メルマガ登録はこちらから
_______________________

野口整体初心者向けサンプル自分で出来る整体メゾット~無料で使える読む薬をブログ記述してます。
日々の手当て法の字引代わりにお役立てください
_______________________

2011.3.11後に意識が変った人達のコミュニティサイトを立ち上げるべく、奮闘中!
アメーバブログ「自分で出来る整体コミュニティの作り方」にて現在進行形にて報告してます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。