スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレネ教育・箕面こどもの森学園訪問の巻

なかなかこちらに記事かけないうちに、月末になってしもうた・・
今回は宿題になっていた箕面子どもの森学園のはなし。
今月上旬に子育てハッピーアドバイスの会が学園内にあったので、はるばる箕面まで行ったのですが、会の後で学園を見学させていただきました。

オルタナティブ教育をすすめておられる学園ですが、特徴的なのは教育の大枠のプログラムは決めてあり、そこで行うことは子どもたち自身が決めて作り上げていっているということ。
m1.jpg
写真は低学年向け(高学年と低学年で二つに分かれている)の部屋ですが、各生徒の机の他に、ミーティング用のコーナーが部屋の隅にあります。ここで集合して話し合いの時間がもたれるらしい。
m2.jpg
午前は一時間2コマに分かれていて、真っ先に「ことば・かず」、次に曜日によっていろいろなテーマ、11:40~13:00までの長い昼休みの後、午後14:40まではプロジェクト又は選択や集会・学習計画の時間(写真はプロジェクトを書き出した各生徒のカード)。

個人情報満載なので写真撮影は差し控えましたが、興味深かったのは各生徒の学習計画表のずっしりとしたファイル。

基本的に全て、子どもたち自身がここで何を学ぶのかの計画をたてます。
そして、計画を達成できたかどうかの評価も自分でする。

小学校1年生の最初から出来るんですか?と質問したら、最初の4月は何のメニューがあるか分からないのでその月は先生が手伝うが、5月から自分で皆さん計画しますよ、とのこと。
そして、親は毎週持ち帰ったノートにコメントをすることによって、教育に参加。

これは、かなり能動的だ・・これで学習能力がつかないわけが無いわ。と私は思ったのですが、皆さんはどうでしょうか?
m4.jpg
m3.jpg
部屋の隅にずらりと道具箱があったり、調理室や音楽室も魅力的(写真は調理室)。
m5.jpg
壁にあった、絵がどれも素敵でした。皆子どもたちがのびのびしているね。

昔は不登校などに苦しむ子どもたちが行くことが多かったオルタナティブ教育の学校も、現在はわざわざ選択してこられる生徒さんのほうが圧倒的に多いと言うことでした。

硬直化しつつある従来の教育も、こういった違った視点から教育を考えて実践しているところのいいところをどんどん取り入れたらいいと思うのですが、どうなんでしょうか。親としての学校とのかかわりを、じっくりと考えて行きたいです。



スポンサーサイト

京都穴場案内15・地味あふれるフィンランドのパン・キートス

毎月天神さん(25日)の日にムスビメさんで提携パン販売されている「キートス」さん。
かみ締めるごとに地味あるハード系のパンが中心で、本当に美味しいです。

随分前に、壬生にあるお店に立ち寄っていたのですがココに中々UP出来ず。
店は、初めて行く時は地図持って行った方がいいかも。
四条側からではなく、千本通りの「壬生寺道」バス停(壬生車庫前です)から行けば近いことを発見。
前に一度行ったおぼろな記憶でどこだったかな~とおもって見たら、水色のテントが見えて、ホッとしました。

IMG_7744.jpg
天然酵母でずっとパンを作っておられるということで大体は安心できますが、放射能や添加物の問題に気がついている身としてはどんな小麦を使っているのがが気になるところ。

キートスさんでは江別製粉(北海道小麦)の粉をつかっておられるということで、安心してもいいかな~と思います。昔は国内産小麦、といえば安心の象徴だったのに、今は特に関東産の小麦は気をつけねばならない状況になって、なんともはやです。

ここでは食材の問題に気がついていて、出来る範囲で最善の食材を使って商品を提供している店を紹介していきたいと思っているのですが、いちいち問い合わせるというのもかなりエネルギーがいるのも事実。
消費者全体が「食べて応援?」という謎のプロパガンダに煽られることなく、安全なものを提供したいと考えて誠実に仕事をしている生産者から食材を買えば、そんなに苦労せず世の中は変わっていくと思う。

IMG_7745.jpg

安心・安全で本当に美味しいものを作っている人を、応援していきたいと思います。

キートス 京都市中京区壬生坊城町33グランディール朱雀002
TEL&FAX 075-842-0585 10:00~19:00(火休み)

キートス商品一覧はこちら *パンは通販でも買えます



京都穴場案内14・ホントの意味でのオリジナルブレンド珈琲・カフェミィチョ

21日のイベントで御一緒させていただいたオーガニックな珈琲豆販売のカフェミィチョさん。
京都穴場案内で初めての、実店舗がなくメール注文か提携店販売の店の紹介です。

実は、名刺は以前から見て知っていたんですよ。
妊娠を期に家では珈琲を飲まなくなったので、どんなんだろう~と思ってました。
イベントでお会いして、ああ、この方か、と思いました(笑)。
興味の対象が同じだと、京都ではすぐ繋がりますね~~(狭い)。

さて、体に合う合わないが激しい珈琲。
イベントでは珈琲が飲めるので、以前好きだったキリマンジャロを注文してみました。
飲んで、後味で独特の香りと渋みが出てくる感じ。全体にすっきりとしていて、飲みやすい。
焙煎はプロの仕事っていう感じがしましたね。

micho.jpg

ミイチョさんは基本卸の珈琲焙煎をされているのですが、なんと!無茶苦茶小ロットでもブレンドしてくれるらしいです。
それこそ、下手したら100gとかでも・・かなり驚きです。

パッケージも、デザイナーとタグを組んでいるのでオリジナル作成が可能だとか。
引き出物とか、贈答品とかでオリジナルパッケージ&ブレンドで作ることもあるそうです。
この小回りが利くところが、独特な感じ。

micho2.jpg

オーガニック珈琲流通の裏事情の話とか、エスプレッソは業務用のマシンで淹れると味が全然違うのだという話が面白かったです。

提携販売先のフランク菜っ葉さんとかニョキニョキさんはオーガニックな野菜を販売されている有名店。
両方の店ともちょっと屋台っぽいかんじですが、こちらもオススメです。

固定種無農薬化学肥料不使用野菜(岡山・京都産)の販売を友人がスタート!(ウメちゃんファーム)

久々の更新ですみません。
昨日から、日頃お世話になっている友人が無農薬野菜の販売を副業で始めたので、紹介です。

ume.jpg

昨日誘われてイベント出店同時にしたのですが、荷物多くて(しかも子連れだし)沢山購入できなくて、本当に残念・・!
無農薬化学肥料不使用の野菜、全てオイシソ~~な雰囲気を漂わせてます。そばにいるだけで嬉しくなる、綺麗な野菜達です。

販売を始めるウメちゃんファームの梅原さんの本業は、IT会社の社長さん。
2013の震災前から自給自足的な生活に興味を持ち勉強をかなりされておられる方で、野菜の生産のこと・遺伝子組み換えの問題や放射能測定に関して、かなり詳しい人です。

買い付けて販売される野菜は、殆どが遺伝子組み換えしていない(F1)でない固定種。
特にたまねぎの固定種は非常に珍しく、「野口のタネ」の野口勲氏によると国内流通の90%以上はF1。
岡山では固定種の苗が手に入るらしく、梅原さんご自身で栽培もしておられます。
こういうものを積極的に買うことによって、元の苗生産者を応援したいですね。

写真中心の一見ピーマンに見える野菜は、激辛ハバネロ。非常に珍しい。
うっかり触った手で目を擦ったら大変なことになるので、くれぐれも子どもには注意・・という話でした。
非常に珍しい白ナスとか、珍しいものが沢山。うう、無理やりにでも買っておけばよかった(大後悔)。

ume2.jpg

今回、あまりにも美味しそうな岡山鏡野・大村農園産のまくわうりをGET。開店記念で信じられない安さだったし。
会場のとなりの工事してた人も、帰りがけに思わず3個大人買いされてました・・(ちなみに一人で食べるそうです)

移動直売など販売スタイルはこれから構築だそうです。
京都市内で定期的に知り合いと集まる時に来てもらって、販売してもらうとかいうのもいいかも。
野菜のクオリティは太鼓判押せます。多分、店舗で買うよりは安く手に入れられる可能性高い。
興味ある人は、是非お声がけくださいね。

祇園祭、行ってきました!

京都市中に住んで3年になるのに、祇園祭に行くのは初めての私。
今までは蒸し暑くてぐったりで行けなかったり、子連れだとあんまり歩けないしな・・と億劫になってて逃しておりました。
昨日は宵山。今年から来週の後祭りも本格的にやるということで、人が分散したのか、子連れでも大丈夫な込み具合(17時頃)。

鉾に登れるんですね。観覧券(1千円~千五百円くらい)に、ちまきがついてくる。
上がってもところてん的にすぐ押し出されるので、滞在時間が短くちょっとせつないけど。
菊水鉾と月鉾に登ってみました。

いやはや、結構やぐらの位置って高いですな。これ、本当にひっぱるんだ・・凄いね。
すばらしい意匠の月鉾で、布地、何時くらい作成のものですか?と質問したら、う~ん不明。明治以前なのは確か。ということでした。緞帳、軽く2~300年前とかのものがずらずらっと下がっておりまする。まさに動く、美術館。

緞帳結構汚れも無く、綺麗なのですよ。毎年虫干ししてるみたいなもんだからな~と言っておられましたが、毎年出して、数百年って凄い。昔はビニール無いし、雨降ったらそのままだったろうけど。

祇園囃子を演奏しているおっちゃん達の浴衣の着こなしがピリッときまっていて、かっちょ良かったです。
さすが繊維の街、京都。
維持するのは本当に大変だろうけど、粋な感じで保持しているのを感じました。素晴らしかったです。

gi1.jpg
gi2.jpg

むすひの杜 出会いの会に行ってきました!

金曜にFBで偶然知ったので、ここにカキコしている暇無かったのですが・・昨日、法然院にて行われた「出会いの会」に行ってきました。

初めて山本公成さんの演奏をお聞きしましたが、空間が澄み渡る感じで素晴らしかったです。

最近、只でさえ頭でっかちなのに文章ばっかり書いてるから、頭キンキン。
音楽療法的にもメチャ効きましたわ・・生演奏って素晴らしい。横になって聴きたいくらいでした。

その後、狙いの鎌仲監督のトーク。さすが、最前線に居られるだけあって、いろいろ情報満載でした。

元々NHKの映像ディレクターで劣化ウラン弾の問題を知ったのが、核の問題に気がつくきっかけであったとか。
3.11の地震の時も、丁度東京で映画の上映中だったらしい。
東京も揺れその後暫くして東北震源地と知って、多分原発がまずいことになってるので、すぐ避難したほうがいいと会場にいたお客さんにも伝えたとか。

チェルノブイリでの事故後当局の対応の仕方と日本の現状にかんする報告がありましたが、日本って、本当に無策であるということに愕然としますね。

最初、福島事故はチェルノの1/7規模と発表されたけど、チェルノと違って今現在も絶賛放出中なのですよ。放射能。
最近アメリカで日本の原発事故規模はチェルノの8倍という報告がなされたそうな・・(泣)

事実、手がつけられない状態の原発。どうすりゃいいんでしょう。それなのに、オリンピックやるとか言ってるよ。
トライアスロンとか、前代未聞の放射能汚染された海で、ホントに泳ぐの?
・・とか、疑念は晴れん。

とにかくあることを無かったことにしても仕方ないので、「あるよ」ってことを見えている人が言わなきゃ、始まらない。

鎌仲さんが、「王様ははだかだ!」という人を増やしたい、と言われてましたが、まさにそうですね。

会では「これからどうするのか」ということも含め、いろいろ話が展開して面白かったです。
「カノンだより」買って、しっかりサインしてもらっちゃいました~

鎌仲監督はしょっちゅう京都に来られているみたいなので、気に成る方は、コチラをチェックして見てくださいね~



子育てハッピーアドバイスの子育てカフェに参加してみました

昨日、はるばる大阪・箕面まで行ってまいりました!

自然育児友の会・大阪お茶会で知った、オルタナティブ教育をしている箕面こどもの森学園。
一度行ってみたいと思っていたんですよ。
そこで、コチラの中で行われている公開ミニ講座・子育てカフェに試しに参加してみました。

スクールカウンセラー・心療内科医・明橋大二氏の「子育てハッピーアドバイス」を参考にしての子育ての話の会です。
私は知らなかったのですが、この本、メチャ売れているらしい。
シリーズ全部で400万部突破って、凄いな・・単純に売り上げ計算しただけでも(億だし)。

パラパラッと本拝見させていただきましたが、マンガだし分かりやすく、読みやすい。
これは、売れるの、分かるわ。
本の内容は以前ブログ記事にもした子どもの話にどんな返事をしていますかとか、子どもに言った言葉は必ず親に返ってくるのハイム・G・ギレット博士の本の内容が軽くなった(!失礼?)感じであった。

子育てカフェは、基本を元に話し合うという形で、よかったです。
0~3歳の時期は子ども自身の自己肯定感を育てる、次の段階として3~5歳の時期はしつけ、6歳~は学習意欲を育てるという段階を踏まえて教育を考えたほうが上手くいくという話。

教育に関して語られる時に外側ばかりが言われていて、「心の子育て」ということがあまり言われないのは何故だろう。
そこのところを「子育てハッピーアドバイス」は具体的に提示されているらしいです。

簡単に書いてしまいますが、「甘え」と「許容」をくりかえすことによって、子どもは成長していく。
「甘やかし」と「甘え」の違いをちゃんと、親が把握すること。これがポイントのように思いました。

常に学び続けようとすると、ドンドン情報が入ってきますね!
ただ単に自分を忙しくしているだけ?という疑念も多少ありますが、ますます面白くなってきてます。

会の後、御好意で学園内も見学させていただいたので、その内容に関しては又。

子育てハッピーアドバイス

新品価格
¥1,008から
(2014/7/12 06:59時点)




京都穴場案内13・御池寺町・オーガニックものもある昭和なエイト珈琲店

土曜の京都カラスマ大学の後、偶然会った友人に連れて行ってもらったお店。勿論、食の問題は分かっている人である。
ここは、見た目は昔からある、普通~の喫茶店である。
入り口に「全面禁煙」の張り紙が。

IMG_7698.jpg

入ると、これまた普通にテーブルにグラニュー糖のステックなぞ置いてあるし、どうだかなと思ったが、メニューを見て!と思った。
珍しく、紅茶系列は全てオーガニック。珈琲もオーガニック珈琲があるぞ。

試しにオーガニック珈琲を頼んでみた。
あくが無く、なかなか美味しかったです。マスターの腕の良さを感じる味。

IMG_7693.jpg

実は妊娠してから、普段珈琲を飲まなくなった私。
あんまり上手じゃない淹れ方だと、後でマジで体調悪くなるんですよ。

友人曰く熟年夫妻の切り盛りする店で、ここの奥さんは昔からマクロビやってた方だとか。
いろいろ話しているうちに、本人が帰ってこられたので挨拶してちょっとお聞きしたら、店で使っている野菜は西日本以西の有機栽培のものだとか。
乳製品とパンはどうなのかを聞くのを忘れたが、珈琲の味から推し量るに、まあ、そんなに変なものではないでしょう。

IMG_7696.jpg

中京区で使える飲食店は無いな~と思っていたので、これは!と思った次第。オススメです。

IMG_7699.jpg

エイト珈琲店
京都府京都市中京区寺町通二条下ル榎木町100-1
TEL・075-231-4898

ミナ ペルホネンの皆川さんと考える、ファッションとサステナビリティのこと(京都カラスマ大学)

昨日、行ってまいりました!京都カラスマ大学

「ファッションとサステナビリティ〜ミナ ペルホネンといっしょに考える、ちょっと未来のファッションのこと~」というテーマで、なんとあの皆川明さんがお話しするという情報を偶然発見。主催は火曜8日に衣料品よろず相談所のプレ・オープンで会場にさせていただく「リコロン」さんのイベント、これは行くっきゃ無いでしょう~

ミナ ペルホネンというブランドのイメージから、皆川さんはファッションのテイストに非常にこだわりのある主張が強い方だと勝手に想像していました。が、実際にお話聞いて見ると、朴訥と話される、熟考型の事業家といった印象。

ファッションの世界に入られた経緯も面白くて、元々はアスリートだった皆川さん。
偶然ヨーロッパを放浪していた際にファッションのバイトをして、ファッション界の不思議な構造に疑問をもたれたのがこの世界に入ったきっかけだったそうです。

会のテーマであるサステナビリティ(持続可能な世界)というのと絡むのですが、現状のファッション界は安いものを大量に生産してできるだけ効率よく販売するのを目指すか、異常に高い価格でアイデアを短期勝負で売り切ることを目指す構造が主。ミナ ぺルポネンでは、違ったやりかたが出来ないのかというのを考えて、最初は一人で始められて、コツコツとここまで大きくしていかれたブランドだそうです。

面白いのは実は皆川さんは非常に不器用で、文化服装の夜学に通っている時から縫うのは他の得意な方にかなり手伝ってもらっていたらしい。最初から手伝いたいと思わせるだけの魅力が彼にあり、やりたいことを他人に伝える能力があったということでしょう。

ブランドとしては最高のものづくりを目指すのは当然のこととして、それがお客様に手渡されて活用してもらわなければ意味は無いと思っているという話しが一番印象的でした。

デザイナーとしての仕事を服の造形と言う範囲だけではなくて、物の受け渡しの社会構造そのものの構築として捕らえ、実行されている。これがミナベルポレンの最大の強みであり、面白いところだと思いました。
これからどういう展開をされていかれるのか、注目したいなと思っているところです。






7/13「内部被ばくと食べ物選び」勉強会~原発事故後の日本で暮らすということ~

開催が亀岡であるが、守田さんの勉強会の紹介をさせていただきたい。

守田敏也さんは、フリージャーナリストである。
震災後、積極的に震災瓦礫の拡散の問題についての勉強会を開いたり、京都の放射能測定所の開設に深くかかわってこられた方だ。

以前京都市内での彼の瓦礫拡散の勉強会に行った際に、福島の現地に実際に行って見て調べてこられた詳細なレポートと、データに基づく焼却に関する問題点の提示にさすがプロの仕事・・と感じた。

物理学者の矢け崎克馬氏との共著・「内部被爆」があるが、非常によくまとめてあって、読みやすい。
感情論でなく、内部被ばくと言うことに関して客観的に語れる数少ない人の一人であると思う。

ちなみに協賛して食べ物(お茶・菓子)を提供している企業はオルター京都と山田製油。
どちらも放射能測定検出限界1bq/kgで運営しているところなので、先ず安心して参加できると思う。

内部被爆に関して漠然とした不安を抱えている方に、おすすめしたい勉強会である。
__________

「内部被ばくと食べ物選び」勉強会 ~原発事故後の日本で暮らすということ~

日時:2014年7月13日(日)13時30分~15時30分
場所:ガレリアかめおか 2F研修室
定員:予約制(40名程度を予定)
参加費:1,000円(お子様同伴OK)

予約は申込フォームから

詳細は市民まちづくり風の会・「内部被ばくと食べ物選び」勉強会まで。

プロフィール

ぜんばやし

Author:ぜんばやし
訪問有難うございます!
京都で帽子・革製品を作っている個人作家です。

9/5~毎週火曜10:30-12:00
「洋裁教室コモノ」スタート!

不器用な方も安心して通える洋裁教室を、千本今出川徒歩3分の場所にて行っております

   詳細はコチラ
_______________________

帽子・革小物作家、野口整体関連、京都ネタ発信等々
あまりにも多岐にわたる
ぜんばやしの仕事の全貌の
まとめサイト、作成。
プロフィール紹介代わりです。

帽子屋ぜんばやしウェブサイト
_______________________

5年前の妊娠・出産を期に野口整体の勉強を始め、日々の体調不良も解消し、人生が大きく変わりました。
学びを深くするために、
2014/4/29から
無料メルマガ
ぜんばやしの野口整体レポート
を配信してます


メルマガ登録して読むだけで、健康の知恵が学べます!
記事内では自分で出来る手当て法や野口整体の解説をしてます
(整体師・河野智聖先生監修)
新月・上弦・満月・下弦に配信

          
 メルマガ登録はこちらから
_______________________

野口整体初心者向けサンプル自分で出来る整体メゾット~無料で使える読む薬をブログ記述してます。
日々の手当て法の字引代わりにお役立てください
_______________________

2011.3.11後に意識が変った人達のコミュニティサイトを立ち上げるべく、奮闘中!
アメーバブログ「自分で出来る整体コミュニティの作り方」にて現在進行形にて報告してます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。