スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもの台所仕事を見守る上で押さえておきたいツボの話(こどもキッチン)

昨日久々に行ってきました、いしい先生の「こどもキッチン」特別バージョン。京都で子育てママには有名なフリーパーパー「どろんこ」主催のイベントです。

実は以前の記事(3/19)にも書いたように、友人に誘われて「こどもキッチンファースト」クラスは体験済みの私と娘。久々の授業ですが、凄く学びがありました。

こどもキッチンの料理授業は、いしい先生がこどもにもできる料理の仕方で作る手順を見せて、次に「親は手出し・口出しをせず」こどもが作業をするという形ですすめられます。
(今回のテーマはおにぎり)


ワンステップ毎にゆっくりと手の動きを見せ、作業を実演する先生。
(こども達も結構集中して手元見てました)


最初に、各自おにぎりにまぶす海苔を全形1枚からやぶって細かくします。
破るのは結構難しい手の動きを要求されます。
くしゃくしゃにしても細かくならないというのを学んでいる子も居ましたよ。


おにぎり米部分は水で濡らしたスプーンですくいます。
次に小さいボウル状のお皿にかぶせたラップに落とし、茶巾絞りの要領で丸くします。


先だってちぎっていた海苔を入れたトレイに落とし、転がしてまぶし、完成!
こんな感じで出来ました~~!

いしい先生曰く、料理の「最初から最後までを一人で完了させる」
というのが大変大事であるそうです。

だから子どもと一緒に料理をしようと思うけれど時間があまりない時は日々の料理の一部をやらせようとは思わないで、
別で出来てもいいし出来なくてもいい料理を一つ(きゅうりを切る⇒塩もみ等)を最初から最後まで子どもにやってもらうというのが、子どもにとっても
大人にとってもいい結果を生むことになるかも知れません。

大事なポイントは先ず最初に、こどもがやりたいかやりたくないかを最初に選択。
次にどうやればいいかの作業を分解・こどもが出来るように道具をセッティングして説明し、子供がやり始めたらけっして邪魔しないこと。
(でもこどもが分からなくて聞いてきたら、教えてあげてくださいね)



最後に包丁の選び方。手をグーにして、並べた幅がその人に丁度いい刃渡りサイズだそうです。
大人も同じ。
いや~~ぐ~~っと中身が詰まった内容で、素晴らしかったです。

会場になったyugueさんのご飯も美味しかった。いろんな意味で、ごちそうさまです。

5月のこどもキッチンは、大阪茨木教室が5月8日(木)と18日(日)、京都上桂教室が5月10日(土)。
詳しくは「こどもキッチンblog」で確認を。
スポンサーサイト

ビジョンが変われば、世界は変わる(地球暦・杉山開知さんの話)

明日のメルマガスタートと今後の野口整体関係の知識普及活動(?)に関しての具体的なプランニングと学習に追われる今日この頃。

昨日、「はっ」と思い、メルマガの配信を新月・上弦・満月・下弦にすることに変更しました~

地球暦を昨年から貼ってますが、やっぱりこの4つの区切りって「まとまって何かが起こる」って感じです。意識しているから引き寄せている部分も多少あるとは思うが。

地球暦の使い方は春分前にもイベントとしてありましたが、東京じゃそう気軽に行けないよ~~子持ちだと。
ということで、地球暦の使い方などいつか作成者・杉山開知さんの話を聞きたいものだと思っていたところ、FBシェアでネット上旅をする種(3)にあることを知りました。ともみさん、ありがとう。

五つの音声ファイルに分けてUPしてありますが、
時間無い方は「概論として二つ目」と「実際の暦の使い方として三つ目」を聞けば、いいかな。
濃い話で、時間かけて聞く価値アリ。かなり勉強になりますよ。

杉山開知さんによると、暦は「地図である」らしい。

今という時間がどの場所にあるのか、を読むためのものである。
一年をどの区分で生きていくのかを意識するだけで、日々の過し方はかなり変わってくる。

昨年地球暦チラチラ見ながら一年過して、季節の移り変わりって暦通りだなって本当に思った。
「暑さ寒さも彼岸まで」は本当だわ。
もうTV見なくなって長いので巷で何で言っているかよく知らないが(笑)、今年は天候不順とか言っても、全体の中での流れは変わらない。グレゴリオ暦で見てるから変なのよ。

今年は秋が長く(閏長月)、このあたりから太陽と月の周期が重なってくるらしいです。
しかも、冬至が新月に重なっている・・19年に一度のスタートライン。

これはかなりビックイベント。ココに向って今年は自分の仕事の展開も、企画して行こうと思っています。

整体に関する無料メルマガ「ぜんばやしの野口整体・健康自給自足研究レポート」、明日スタートです。
登録まだの方はコチラからどうぞ~~

大盛況!第一回京都ふるどうぐ市(立誠小学校)

昨日は市内を回る日。勿論自転車。
あまりにも陽気がいいので、お昼は御所で食べようとお弁当持って立ち寄ったら、出水のあたりの桜が凄いことに。



八重桜、たわわに実る果物のよう。そして、その向こうに友人親子を娘が発見!
(実は自然育児の会のお茶会だったの忘れてた)
その後、同じ発想で立ち寄った友人親子も合流。何も予約してないのに同じところに吸い寄せれてます。

桜のあまりの美しさに天国のようになっている出水のところを後にし、目的の立誠小学校で行われている「第一回京都ふるどうぐ市」へ。

いやはや凄い人でした。
一応入口で入場料300円払って(子供はタダ)入るんだけど、午前はあまりの人の多さに入場制限してたらしい。

周到にしかけたイベントだけあって、出展者のレベルも高かったです。
ウチの近所いきつけ?の画餅洞さん(26)とか、ママ友夫妻の古い道具(37)とか、やっぱり見知った顔がチラホラ。近所なのに何時通りかかっても店閉まっていて入れてない大極殿さんは特別出店?カタログにも載ってませんが、ここで初めて商品みたよ。謎がおおいところだ・・



近所のギャラリーにしかわ展示している荒川さんのガラスのオブジェも素晴らしい。5月4日まで。

そして、ギャラリーYDSさんの創業115年記念展示が凄かった。応挙とか光琳とか抱一とかがずらずらっと下がっていて、入場無料でいいんですか?っていう感じ。展示は今日27日までだから、お見逃し無く。

大阪天満橋・コンフェット洋服アトリエショップ、全品10%オフ

もう昨日から始まってしまってますが、コ・モノの革製品も取り扱っていただいているコンフェットさん、今CafeTokiona2周年イベントに参加されてます。

イベントは4/25・26・27の三日間。
明日日曜日はライブとかお野菜マルシェとかも出るみたいで、かなり面白そうだ!
前回バタバタと訪問した時は気がつかなかったけど、近所にオーガニック系のカフェもあるのね。う~ん、近隣住民の人はいいなぁ。

コンフェットさんは洋服やさんです。
東京と大阪二箇所に事業所があり、天満橋の大阪の方はサンプル縫製をメインにするアトリエ。
一部現物も縫っておられるみたいですが、今のところ業務は他のブランドのOEM受注生産をされているとのこと。
だから、ここのアトリエで洋服買うのは目茶目茶お徳なんですよ。

ファッション業界の構造を知らないとなんのこっちゃ、という話かもしれませんが、例えば某洋服ブランドがあったとしましょう。

表向きそのブランドで出ている洋服は一応そのブランドオリジナルで生産しているということになってますが、猫の目のように変わるサイクルの早い店頭。
デザイン・パターンから現物生産まで全てを自社でまかなうというのも膨大な費用のかかる話。
実際のところは小さいアトリエでデザインされた洋服をデザイン丸ごと買い取って、生産された洋服をブランドオリジナルとして販売しているものも混ざっているのです。

私も最初靴メーカーに就職した時は、よくメーカーさんがウチは「XXブランド」と「XXブランド」をやっている~と自慢げに言っているのが?と思ってました。
この構造が分かってからはなるほど、雑誌などで見る素敵なコレクションの海外ブランドが百貨店店頭などでぬる~い商品になっている謎の理由が分かりましたよ。

コンフェットさん、さすがあちこちにデザインソースを提供されているだけあって、程よくモードを取り入れていていい感じです。
それと、布地マニアの私から見ても肌に直接つけるタイプの商品の生地はとてもいい。
セレクトショップとかで何度か洋服買ったことがある人なら、その価格と質のこなれ感の良さがわかる筈。

今私が気になっているのは、オーガニックコットンの下着ブランドの商品。
どうもオーガニック系の服って、素材に溺れているのか値段の割りにファッション性が乏しいような気がするけど、これはお洒落で素敵。



それと、この靴はかなり質のわりに安いですね。一度履いたらやめられない革底の靴。
足の疲れ具合が全然違うんだよね。
作り手側から言うと(私元靴屋)合成底と革底の値段って素材自体も10倍ほど違うし、綺麗に作るのも技術が要る。
中底はファイバーだと思いますが、フォーマルな靴が欲しいときには良さそう。



CafeTokiona2周年イベントについて詳しくはこちら

コ・モノの革商品も置いてもらっているので、良かったら見てみてくださいね~~

今野口整体に関するメルマガを始める訳

さっそく「ぜんばやしの野口整体・健康自給自足研究レポート」メルマガの登録いただいた皆様、有り難うございます!

今、整体のメルマガをはじめる訳は・・

単純に野口整体の解説を書くことによって、もっと学びたい。
ということと、
ただでさえ、ごちゃごちゃのブログの内容から整体ネタを切り離したい、という二つの目的があります。

体のことで情報発信をするのなら、あんまり適当に書くのもな~
と思っていたので、河野先生の監修が入るというのは、ビックリ&文字通り「有難い」ことです。ホント。

個展やって思ったんですが、今、体悪くしている人多いですよね。

私の帽子のお客様は60歳代~なんですが、作家さんで無理がたたって何かの治療中という人も。
好きなことをやってるのでストレスは締め切り以外はあまりないと思うんだけど、素晴らしい仕事をずっとされてきたのに、今は違うことしているとか聞くと、体調管理は本当に大事だなと思う。

考え方は人それぞれだとは思いますが、自分でネットを使って情報収集する人は、調子悪くなったらお医者さんに見てもらって薬飲んで~という人任せな健康管理の危険性にもう、気がついていると思う。

下手すると知らないうちに薬漬けにされる現代医療から脱出するには、どうしたらいいか?

やっぱり、自分で自分の不調は治せる=健康の自給自足、を出来るようにならないと、と思うんですよ。

みくさのみたからはかなり有効だと思うけど、ある程度体に関して学んでいない人だと入っていきにくい側面があると思う。それに、集いに参加しないとその「核」のところは受け取れない。実際に参加するまでのハードルがたかすぎる・・・

自分がかつて本当に体調悪かったので、しんどくてどうしようもない人の気持ちも分かるんですよ。
駄目な時って何処が駄目か自分でよくわかんないんですよね。
とりあえず寝るしかないという状態に。

だから、現状に問題は感じているけれども、まだ具体的には何も手がつけられていないという人に。入口が何処なのか?を示すことが出来たらな~と思ってます。

無料メルマガ登録申込はコ・モノHPのメールフォームから是非。

29日から配信スタート予定です~

無料整体メルマガ配信登録、コ・モノHPから出来ます

29日から週一回ペースで配信予定の無料メルマガ、「ぜんばやしの野口整体・健康自給自足研究レポート」コ・モノHPより受付できるようになりました~~

昨日23日21:15までに申込メールをHPからされた皆様、自動登録完了メールがそちらに着いていてもこちらに申込メールが届いてません。(泣)

本当~~に申し訳ないのですが、再度メアドとお名前記入で送信いただければ、3日以内(実質1日以内だけど)「メルマガ登録ありがとう」メールをこちらからGmailで一件一件お送りします~~

この問題の原因は、こちらの受取指定がGmailだったからみたい。
(いまのところフリーフォームのpostmailを使っている)
こちらにも自動返信機能でメールが来るんですよ。
これをGmailが受け付けていなかったことがFBでも繫がっている友人の投稿で判明。

冷や汗もんです。
昨日はこれで一日翻弄されました・・解決して、本当に良かった。
テストに協力してくれた皆さまには感謝感謝です。

上記の記述でお気づきの皆さまも多いと思いますが、未だにHPをメモ帳で書いている私・・
思い返せば約10年前HPを最初に立ち上げた頃は、パソコンに向ってコツコツと書いていると針のむしろであった。仕事の干上がった職人の彼の為にサイト作ってるのに、遊んでいるとしかみなされなかったものね。

そのころ一人暮らしでなくネットやってた人は、そういう状況でやってた人多かったんじゃなかろうか。未だダイアル回線が一般的で、ヤフーのADSLで常時接続が一般的になってきてた頃です。今は無料HP作成ツールとかネット上に無茶苦茶ある。今HP作る人は、楽だなぁ。

実はメルマガも配信スタンド使えばこういう問題はおきないんですけど、どこのを使うか検討中の状態。
名前知られているところ(まぐまぐとか)使うと、先ず間違いなく申込相手の「迷惑メールボックス」に入っちゃう。

ネットビジネス関係で知った配信スタンドで到達率ダントツ!と宣伝しているところも、試しにオーナーのメルマガとってみたら、「迷惑メールボックス」に自動判別されていた。(笑)
そんなん、あかんやろ。

で、結局今のところはメルマガ読者少なくとも100名超えるまでは、GmailからBCCで一斉送信にしていこうと考え中。

連日、コツコツ整体メルマガ申込登録ありがとうメール返信に励むことにします。

あ、メルマガ申込はコ・モノHPのフォームから是非。

4/29無料メルマガ「ぜんばやしの野口整体・健康自給自足研究レポート」新規スタート!

個展から休む間もなく、先日メールニュースで予告の「整体に関するメルマガ」の準備。
タイトルは「ぜんばやしの野口整体・健康自給自足研究レポート」。来週4/29新月スタートで週一回上弦・満月・下弦と月4回配信予定です。

整体メルマガ、どういう方対象で書くかで少し悩みました。
小さい子供への手当て中心にしてしまうと、居ない人には関係ない話になってしまうし、どうしたもんだかと。

整体関連の本は2~3冊今までに読んでみたことがある~という人。
対処療法中心の西洋医学医療に少し疑問を持ち、予防医学や家でできる手当て法に興味があるな~という人。
を対象に、ここ4年かけてみっちりと学んできたことをシェアするのを目的に書いていきたいと思ってます。

体に関することですし間違ったことを書くのも嫌なので、4年ほど毎月整体指導いただいている河野智聖先生に文章の監修をお願いしたところ、快く了承していただけました!

河野先生は、昨年まで何度か私が京都で整体的子育て講座イベントを企画したときに来て頂いたボディーワーカー山上亮先生の師匠です。「武術家」として活動されているので、スポーツや武術関連に興味がある人のほうが名前を目にされる機会が多いかもしれません。
先日はプロサーファー・大野修聖氏のTVに出たよ~と言っておられました。

河野先生は東京・大阪・神戸に道場を持ち毎月各地で整体指導されるほか、名古屋・沖縄でも定期的に講座を開催されてます。前出の大野修聖氏や自然出産で有名な吉村正先生他、某有名芸能人など整体指導を受けた人は数知れず。
野口整体と武術を通じて、日本人のからだの使い方を日々研究されています。
その理論はイチロー絶賛愛用ののワコールCW-X「柔流」ウエア、ユニクロの「イージーエクササイズ」の商品開発にも使われているそうです。

ということで、メルマガに書く内容はプロにチェックしてもらった状態で発信します。

メルマガ受信希望の方はお手数ですが、
コ・モノホームページのメールフォームから「メルマガ配信希望」にチェック入れて「配信希望先メールアドレス」を記入して送ってください。

折り返し「登録確認ありがとうございます」メールを3日以内にこちらからお送りします。
連絡が無い場合はこちらがメールを受け取れて居ない状態なので、大変お手数ですがもう一度送信をお願いします。

携帯のメールアドレスを登録する方は必ずzembayashi(●)gmail.com(●は@)からの受信が出来るように設定をお願いします。
メルマガはパソコンからG-mailを使ってBCC送信します。
確認メールが届かない場合・削除メールボックスに入ってしまう人(携帯受信でエラーが出る人)はこのアドレスを登録してくださいね。

あ、勿論メールマガジンは無料ですよ~
読んでみて希望の内容と違ったら、いつでも「配信不要」と御連絡下さい。

皆さんの登録をお待ちしております~~

安易に歯は削るべからず、神経も取るべからず

昨日は丸一日かけて、はるばる大阪の持尾まで行ってきましたよ。
藤井佳郎先生の診察を受けるためだけに!

ウェブで検索かけてみたらすぐ分かりますが、藤井先生は普通に予約したら先ず1年以上待ちの超人気歯科医。
特別にオルターの健康センターにて1~2ヶ月に一回、予約診療してもらえる枠があるのです。
勿論オルター会員限定で、持尾センターまで行かなければならないけど。

診察してもらっての感想。

いや~~凄かったです。まさに名医でしたわ。

来週から治療開始するつもりの虫歯の奥歯は神経取るかどうかの話になりそうなのですが、治療に入る前に診察してもらって本当によかった。

神経を取るということは、枯れ木にするのと同じことなのだそうです。
ある日ぽっきり折れやすくなる。
だから、出来るだけ取らないようにするには?ということを考えたほうがいいらしい。

私の場合、金属を取らないと虫の食い具合がわかりませんが、激痛がしないのであれば仮詰めで様子を見るという方法も考えられるらしい。
とにかく出来るだけ取らなくて済む方法を考えよう・・と決意。

そして、咬みあわせ。
右上前歯をほんのチョッと削ったか?というくらい削っただけで、格段に咬み易くなった。
右喉のつまりがこれで取れたでしょ?と触診で確認。

気の流れを診てられるんですか?とお聞きしたら、体全体を診てるんだそうです。

診察後に他の施療受けた方とお話したら、この人は歯が腰とか各所に影響していたパターン。
とにかく歯を削るというのは、まかり間違うと体を壊す原因にもなる。
整体何度も受けて又体悪い状態に戻ってしまう場合は、歯を疑ったほうがいいという話でした。

藤井先生、ぱっと見ただけで全体が分かるみたいです・・何がどういう風に判断されているんだろう??

ホンマに下手な歯医者にかかれんな・・恐ろしすぎます。

ちなみに私は相変わらず歯並びは最悪なのですが、矯正って一生できるらしい。
おばあさんの矯正やったことあるよ、と先生。驚きだ・・

歯医者探すときはウェブで「咬みあわせ」+「地名」で調べ、電話かけて基本的なことを質問して、信頼できそうなところを予約するのがポイントとの事でした。

トータル治療としての歯科医療に関して、もっと根掘り葉掘り質問すればよかったかなと帰ってきてから思ったりもしたのですが、何だか診てもらっただけで妙に納得・満足したのでした。

ストラッセさんでの善林英恵個展、終了しました!

昨日で個展終了。
ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

昨日は有難いことに殆どお客様途切れずで、盛況。
お客が重なってしまって、あまりお話できない方もいて申し訳なかったです・・反省しきり。

という訳で、昨日は写真撮り忘れました。

いや~~つくづく会場で思ったんですが、60歳過ぎてお洒落な人って、いいですね。

頭白くなるとかえって派手な色も着こなせるようになるみたいで、70歳で原色着るのもいいなって思いました。
60歳過ぎでお洒落な人はなにかしら仕事や趣味を極めている人が多く、皆瞳がキラキラしておられて、素晴らしいなって思います。

最近よく思うのですが、人の立ち居振る舞いってやはりそれまでの経験を如実に反映してしまうので、なんでもやれる機会があるときにはやっておいたほうがいいんだなって。

目の前でなにかしら上手くいっていないことがあったとき、まさに体が先に動くといった感じでさりげなく手助けできるようになるには、やはりそれなりの鍛錬が必要だなって思うのです。

素敵な先輩達に沢山会えて大満足!の個展でした。

発表の機会を与えられたことに、感謝です。





本日で神戸苦楽園での善林個展最終です!

何とか連日天気にも恵まれ、最終日を迎えることが出来ました~~
いやはや、有難いことです。
前々から友人に言われていたのを思い出し、会場に居る時にお客様に帽子被っていただいて写真何枚か撮らせていただきましたよ!
会場お客立て込んでいる時は撮れませんでしたが、一部UP。



今まで会ったことがあるかどうか不明なくらい、お互いに記憶皆無の従兄弟。
個展って、こういう縁遠い親戚に会うこともあるので面白い(親経由連絡で来場いただいたのです)。
普段帽子被らないと言われてましたが、なかなかお似合いです(実はレディースで作った帽子なのですが・・)。ちょっと緊張の面持ち(笑)。



ギャラリー顧客の素敵なマダム。自分の似合うものがすでにお分かりで、何もしなくても上手に被りこなして居られ、素晴らしかったです。最近食事療法で大分やせるのに成功で健康になり、お洒落もどんどんできるわ~~と言って居られました。写真が下手で素敵さがあまり伝わらず、残念。



逆に若い方が被るのも面白かったです。どちらかというとメンズの為に作ったハンチングですが、意外と女性が被ってもいいなという発見が。置いてあるのを見るのと被ってみるとでは全く違った印象の帽子。本日はずっと会場に居ますので、皆さま遊びに来てくださいね。

2014.4善林英恵個展情報はコチラで確認を
プロフィール

ぜんばやし

Author:ぜんばやし
訪問有難うございます!
京都で帽子・革製品を作っている個人作家です。

9/5~毎週火曜10:30-12:00
「洋裁教室コモノ」スタート!

不器用な方も安心して通える洋裁教室を、千本今出川徒歩3分の場所にて行っております

   詳細はコチラ
_______________________

帽子・革小物作家、野口整体関連、京都ネタ発信等々
あまりにも多岐にわたる
ぜんばやしの仕事の全貌の
まとめサイト、作成。
プロフィール紹介代わりです。

帽子屋ぜんばやしウェブサイト
_______________________

5年前の妊娠・出産を期に野口整体の勉強を始め、日々の体調不良も解消し、人生が大きく変わりました。
学びを深くするために、
2014/4/29から
無料メルマガ
ぜんばやしの野口整体レポート
を配信してます


メルマガ登録して読むだけで、健康の知恵が学べます!
記事内では自分で出来る手当て法や野口整体の解説をしてます
(整体師・河野智聖先生監修)
新月・上弦・満月・下弦に配信

          
 メルマガ登録はこちらから
_______________________

野口整体初心者向けサンプル自分で出来る整体メゾット~無料で使える読む薬をブログ記述してます。
日々の手当て法の字引代わりにお役立てください
_______________________

2011.3.11後に意識が変った人達のコミュニティサイトを立ち上げるべく、奮闘中!
アメーバブログ「自分で出来る整体コミュニティの作り方」にて現在進行形にて報告してます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。