スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むすひの杜 出会いの会に行ってきました!

金曜にFBで偶然知ったので、ここにカキコしている暇無かったのですが・・昨日、法然院にて行われた「出会いの会」に行ってきました。

初めて山本公成さんの演奏をお聞きしましたが、空間が澄み渡る感じで素晴らしかったです。

最近、只でさえ頭でっかちなのに文章ばっかり書いてるから、頭キンキン。
音楽療法的にもメチャ効きましたわ・・生演奏って素晴らしい。横になって聴きたいくらいでした。

その後、狙いの鎌仲監督のトーク。さすが、最前線に居られるだけあって、いろいろ情報満載でした。

元々NHKの映像ディレクターで劣化ウラン弾の問題を知ったのが、核の問題に気がつくきっかけであったとか。
3.11の地震の時も、丁度東京で映画の上映中だったらしい。
東京も揺れその後暫くして東北震源地と知って、多分原発がまずいことになってるので、すぐ避難したほうがいいと会場にいたお客さんにも伝えたとか。

チェルノブイリでの事故後当局の対応の仕方と日本の現状にかんする報告がありましたが、日本って、本当に無策であるということに愕然としますね。

最初、福島事故はチェルノの1/7規模と発表されたけど、チェルノと違って今現在も絶賛放出中なのですよ。放射能。
最近アメリカで日本の原発事故規模はチェルノの8倍という報告がなされたそうな・・(泣)

事実、手がつけられない状態の原発。どうすりゃいいんでしょう。それなのに、オリンピックやるとか言ってるよ。
トライアスロンとか、前代未聞の放射能汚染された海で、ホントに泳ぐの?
・・とか、疑念は晴れん。

とにかくあることを無かったことにしても仕方ないので、「あるよ」ってことを見えている人が言わなきゃ、始まらない。

鎌仲さんが、「王様ははだかだ!」という人を増やしたい、と言われてましたが、まさにそうですね。

会では「これからどうするのか」ということも含め、いろいろ話が展開して面白かったです。
「カノンだより」買って、しっかりサインしてもらっちゃいました~

鎌仲監督はしょっちゅう京都に来られているみたいなので、気に成る方は、コチラをチェックして見てくださいね~



スポンサーサイト

7/13「内部被ばくと食べ物選び」勉強会~原発事故後の日本で暮らすということ~

開催が亀岡であるが、守田さんの勉強会の紹介をさせていただきたい。

守田敏也さんは、フリージャーナリストである。
震災後、積極的に震災瓦礫の拡散の問題についての勉強会を開いたり、京都の放射能測定所の開設に深くかかわってこられた方だ。

以前京都市内での彼の瓦礫拡散の勉強会に行った際に、福島の現地に実際に行って見て調べてこられた詳細なレポートと、データに基づく焼却に関する問題点の提示にさすがプロの仕事・・と感じた。

物理学者の矢け崎克馬氏との共著・「内部被爆」があるが、非常によくまとめてあって、読みやすい。
感情論でなく、内部被ばくと言うことに関して客観的に語れる数少ない人の一人であると思う。

ちなみに協賛して食べ物(お茶・菓子)を提供している企業はオルター京都と山田製油。
どちらも放射能測定検出限界1bq/kgで運営しているところなので、先ず安心して参加できると思う。

内部被爆に関して漠然とした不安を抱えている方に、おすすめしたい勉強会である。
__________

「内部被ばくと食べ物選び」勉強会 ~原発事故後の日本で暮らすということ~

日時:2014年7月13日(日)13時30分~15時30分
場所:ガレリアかめおか 2F研修室
定員:予約制(40名程度を予定)
参加費:1,000円(お子様同伴OK)

予約は申込フォームから

詳細は市民まちづくり風の会・「内部被ばくと食べ物選び」勉強会まで。

遺伝子組み換え種やF1種の問題について

ネットでSNS(ソーシャルネットワーク)をやっていると、自然に遺伝子組み換え食品の怖さなどの話を目にすることが多い。
なんとな~く分かったつもりになっていたが、実際のところ何が問題なの?というと分かっておりませんでした。
そこで出会ったのが野口種苗研究所の野口勲氏の「タネが危ない」という本。

固定種とF1(交配種)の違いについて、非常に分かりやすく書かれてます。さすが、専門家。
著者の経歴が元手塚治虫の担当編集者というのも、面白い。

この中でF1タネの作り方と言うのが詳しく述べられているのですが、読んでみてぞっとしましたよ。

昔はF1のタネというのは、ローテクな手作業で作られていたらしいんですが、今は違う。
なんと、雄しべの無い雌しべだけの株(雄性不稔)を大量生産して、そこにミツバチを使って強制的に受粉させるらしい。
こういう風に作られた野菜から、タネをとることはできません。
なぜなら雄性不稔といのは、ずっと受け継がれていくミトコンドリア遺伝子異常なので実を結ばない。

著者はあくまでも推論といって記述されてますが、近年のミツバチ大量失踪はタネ生産に関係しているのでは?という話を書かれてます。

そして、食べ物って、勿論食べている人の体を作っているんですよね。

近年の男性不妊症もミトコンドリア異常が原因と言われているけど、食べ物も関係あるんじゃなかろうか。

世の中のたまねぎやとうもろこしなどは殆どF1だ。
とうもろこしはコーンシロップになって、ほどんどの清涼飲料水に入っているらしい。

生き残りたければ、固定種のタネを買って自家菜園で育てないとといけない時代が来たのかも。

タネが危ない

新品価格
¥1,728から
(2014/5/28 07:09時点)










脳神経外科医が書いた、臨死体験のベストセラー本「プルーフ・オブ・ヘブン」

アメリカ現役の名門ハーバード・メディカル・スクール脳神経外科医エベン・アレグザンンダー氏が書いた、話題沸騰の本。

やっと読了。そうです、どんなに忙しくても私、本は読むのですよ。

死後の世界に懐疑的だったのアレグザンダー准教授本人が突然細菌性髄膜炎を発症し、7日間昏睡状態だった際に「みてきた」世界を記述した本である。

まず、この本よくぞ出版したな~~と本当に思う。これは所謂「臨死体験」の本。

かの有名なキューブラー・ロス(教科書的に扱われる「死とその過程について」を書いた人です)でさえ、臨死体験の本を出したとたんにもの凄いバッシングを受け、職を追われたのを彼は知っていたであろう。死後の世界の情報を伝えることに使命感を持っておられるのを読んでいる私も感じましたよ。

輪廻転生に違和感を持たない人なら、普通に読める本であると思う。

面白いのは、科学者が信じている「意識というものは脳が生み出している」という説は間違っている、ということをアレグザンダー氏本人が臨死体験で気がつき、それを証明してしまったという点であろう。

著作中に科学者らしい証明の記述があるが、妄想や幻覚である臨死体験というのは、新皮質の部位が完全に機能不全に陥っている状態では「起こりえない」のだそうだ。
脳が働いていないこの状態であまりにもクリアな体験をしていた・・ということは先に「意識」というものがあって、人体という入れ物に入って活動しているということになるのだ。

私は魂が人体の入れ物に入っている状態が「現世」だと思っているので、何の違和感も無いけど。
何でも物質還元主義で「死んだらお終い」と思っている人は、受け入れがたいことであろう・・。

この本を読んでよかったのは、多次元世界が平行して存在するという話が分かりやすく書いてあったこと。
全ては「今ココ」にある。
ラジオのチューニングのように周波数を合わせ、それを感知できるかどうか。
要するに受容する自分の問題であるということである。

一遍死にそうにならなくても、正しく瞑想すればちゃんと感知できるというのも何となくわかるな~~ 
創作活動が止められないのは、上手くいけば瞑想に近い状態になることである。
めったにないのが残念だけど、「ちゃんと繫がった」という状態は至福のひとときなのですよ。絵を描いている人にはピンとくる話だと思う。

というわけで、非常にためになった本でした。オススメ。

プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界

新品価格
¥1,836から
(2014/4/4 06:40時点)



潜在意識の力を引き出すアファメーションワーク

皆さんアファメーションというのは知っているであろうか。
ヒーリングに興味がある人なら、一度は聞いたことがあるかもしれない。
概念知りたい人は検索で調べてもらうとして、昨日珍しく友人が我が家に来た際に行ったワークを紹介したい。

元々は今やっているネットビジネスの勉強の授業の中で紹介されていたワークである。
一億円プレーヤーやベストセラー作家が一緒にやって1年後に現実化したワークだよ~これ以上のものはあるまい。

基本、二人以上でやります。
紙を用意。

それぞれ、達成したい自分の将来の姿を紙に書きます。
下手でもいいので、絵入りがいいみたい。
できれば「何々が欲しい」とかいう、小さいことではなくできるだけ大きい願望を。

私、自分のアトリエショップを持つのと一億円プレーヤーになるのとアーティストプロデューサーで成功するのと共に歩めるパートナーと出会うという願望・欲望満載な紙になりました(笑)。

で、それぞれ紙交換して、「あなたなら出来る!!」という太鼓判のメッセージを書き込んでもらうんです。

で、それをそれぞれ自分のを持ち帰り実現化するまで、よく見る壁に貼っておきます。
脳みその普段意識しないところに覚えこませるのがポイントみたいだ。

友達来たらかなり恥ずかしいが、仕方なし。

しかも個展中、親来るんですけど・・開き直って、励まし書き込みを追加でしてもらおうかな。

プロフィール

ぜんばやし

Author:ぜんばやし
訪問有難うございます!
京都で帽子・革製品を作っている個人作家です。

9/5~毎週火曜10:30-12:00
「洋裁教室コモノ」スタート!

不器用な方も安心して通える洋裁教室を、千本今出川徒歩3分の場所にて行っております

   詳細はコチラ
_______________________

帽子・革小物作家、野口整体関連、京都ネタ発信等々
あまりにも多岐にわたる
ぜんばやしの仕事の全貌の
まとめサイト、作成。
プロフィール紹介代わりです。

帽子屋ぜんばやしウェブサイト
_______________________

5年前の妊娠・出産を期に野口整体の勉強を始め、日々の体調不良も解消し、人生が大きく変わりました。
学びを深くするために、
2014/4/29から
無料メルマガ
ぜんばやしの野口整体レポート
を配信してます


メルマガ登録して読むだけで、健康の知恵が学べます!
記事内では自分で出来る手当て法や野口整体の解説をしてます
(整体師・河野智聖先生監修)
新月・上弦・満月・下弦に配信

          
 メルマガ登録はこちらから
_______________________

野口整体初心者向けサンプル自分で出来る整体メゾット~無料で使える読む薬をブログ記述してます。
日々の手当て法の字引代わりにお役立てください
_______________________

2011.3.11後に意識が変った人達のコミュニティサイトを立ち上げるべく、奮闘中!
アメーバブログ「自分で出来る整体コミュニティの作り方」にて現在進行形にて報告してます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。